エコフレンドリーな暮らしの実現!太陽光発電とオール電化の暮らしとは

公開日:2024/01/15   最終更新日:2024/04/15

All-electric life

オール電化とは、自宅のエネルギーを電気ですべて補うシステムです。ガスを一切使わないので、ガス料金を節約できる点がメリットですが、日中の電気代が割高になることが懸念点でしょう。しかし、生活スタイルによっては、太陽光発電とオール電化をセット導入することで、デメリットが解消できる場合があります。この記事でその仕組みを解説しましょう。
【長野県】おすすめの太陽光発電業者一覧のバナー

オール電化住宅に必要な電気代

オール電化住宅とは、調理や給湯など本来ガスを使う熱源に、すべて電気を使用する住宅のことです。調理面ではガスコンロの代わりにIHクッキングヒーターを使用し、お湯を沸かすのにはガス給湯器ではなくエコキュートのような電気給湯器を使用します。

自身のご家庭が、オール電化を導入すべきかどうかの判断基準のひとつにガス代があります。目安として、1か月のガス代が6,000円以下の家庭は、オール電化にしたときの費用対効果は薄いです。むしろ設備導入にかかった費用を償却できずに、設備が寿命を迎えてしまう可能性があります。

一方で、1か月のガス代が6,000円を超える場合、とくに1万円を超えるような場合は、設備導入費を加味してもオール電化導入を考える価値が充分あるでしょう。ちなみに関西電力が公表しているデータによると、オール電化にした場合の、月あたりの電気代は、1人暮らしで約1万1,000円、2人暮らしで約1万3,000円、3人暮らしで約1万5,000円、4人暮らし以上で約1万7,000円となっています。

オール電化を導入する際は、電力プランの契約内容見直しも必要です。オール電化住宅では「昼間の電気代が割高になる代わりに、夜の電気代が安くなる」電力プランとセットで契約することで、その恩恵を受けることができます。なぜなら、電気が安くなった夜の時間帯を使って、エコキュートが一日に必要なお湯をすべて沸かしてくれるからです。

普段の生活で、もっともエネルギーを消費するのがお湯を沸かすことです。この湯沸かしを、安価な夜の電気で補えるのが、オール電化で光熱費が安くなる理由のひとつでしょう。反対に、昼間も冷暖房を絶えず使うような家庭は、かえって光熱費が高くなる可能性があるので注意してください。

昼間は、家に人がいないため電気を使わず、夜間になると家族全員で大量の電気を使う家庭に、オール電化は向いています。また、コンロの消し忘れやガス漏れによる火災のリスクがないため、オール電化は精神衛生的にもよいでしょう。

値段や償却年数などの数字で見える効果だけに着目する方が多いですが、こういった数字に表れない魅力も覚えておくと、オール電化にするべきかどうかの判断材料のひとつになります。

太陽光発電とオール電化をセットにするメリット

太陽光発電とオール電化を組み合わせて導入すると、多くのメリットが得られます。まず、太陽光発電は再生可能エネルギー源であり、太陽光を利用して電力を生成するため、環境に優しいエネルギー供給が可能です。このことから、二酸化炭素の排出を減少させ、地球環境への負荷を軽減できます。

また、太陽光発電は日中にもっとも効率的に発電し、発電コストが低いため、昼間の電力需要をカバーするのに適しているのです。一方、オール電化は電力を多用する家庭用電化製品(給湯、冷暖房など)を電気で動かすシステムで、電気代が昼間に高額になるという欠点があります。

太陽光発電とオール電化を組み合わせることで、昼間の高電力需要に対して太陽光発電が電力供給を行うため、昼間の高額な電気代を大幅に削減可能です。これにより、家計への電気代の負担が軽減され、エネルギーコストを節約できます。

さらに、太陽光発電は発電能力が変動するため、余剰電力が発生することがあります。この余剰電力を電力会社に売電することで収益を得ることができ、電気代のさらなる削減や収益化が可能です。

最後に、太陽光発電とオール電化の組み合わせは、エネルギーの自給自足を促進し、エネルギーの安定供給を実現します。天候に左右されず、自家発電できるため、停電時にも電力を利用できる安心感があるのです。

太陽光発電とオール電化をセットにするときの注意点

ライフスタイルによっては、太陽光発電とオール電化を組み合わせた場合に得られるメリットがないこともあるので、注意が必要です。

たとえば、昼間は家に誰もいない場合、昼間の高額な電気代を抑えるためにオール電化のみを導入するだけで充分かもしれません。一方、太陽光発電を導入してしまうと、設置にかかった費用が元を取れない可能性が高くなります。

また、天候による影響も大きなポイントです。太陽光発電は天候に左右され、曇りや雨の日では発電量が大きく減少します。曇りの日の発電量は晴れの日の40%〜60%程度で、雨の日はわずか25%まで減少することもあるのです。

とくに梅雨や冬の時期は発電量が限られ、かつ冷暖房の使用が増えるため、太陽光だけでは必要な電力をまかなえず、高額な電気を購入せざるを得ない状況になるかもしれません。

太陽光発電を導入していても、天候や季節によって電気代が変動することを理解し、導入の判断を慎重に行いましょう。

まとめ

ガス料金がかからなくなるオール電化は、生活スタイルによっては、光熱費を節約できる、お得なシステムです。さらに太陽光発電をセットで導入することを考えると、昼間の電気代が高くなる、オール電化の弱点をカバーできる場合があります。

太陽光発電とオール電化の導入をお考えの方は、自身のライフスタイルや家族構成、1か月の光熱費を一度見直してから、検討するようにしましょう。

っている方には
こちらの会社がおすすめ!
株式会社アクアスミス
株式会社アクアスミスは、長野県佐久市に拠点を置く「太陽光」「蓄電池」「V2H」にまつわるサービスを提供している会社です。豊富な経験から、住宅ひとつひとつに最適な「太陽光発電」を案内しています。 地域密着・気軽に相談できる点や、メーカー直接卸でコストパフォーマンスがよい点もメリットです。アフターサポートも充実しており、取り付けまでの申請や融資もサポートしてくれます。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

近年、電気料金の高騰によって、太陽光発電システムに注目が集まっています。自宅に太陽光パネルや蓄電システムを導入することで、電気料金を抑えることができるのはもちろん、停電した際にも活用できます

続きを読む

ジャパンスマイルエナジー株式会社は長野県上田市に支店を置く、太陽光発電システムだけでなく外壁塗装も得意とする会社です。大手企業である中部電力や株式会社トーエネック2社と業務提携も行っているの

続きを読む

賃貸住宅に住んでいる方でも、太陽光発電を導入したいと思ったことはありませんか?実は、持ち家でなくても賃貸で太陽光発電を導入することは可能です。本記事では、賃貸住宅に太陽光発電を導入する方法や

続きを読む

再生可能エネルギーへの関心が高まっているなか、太陽光発電とオール電化の併用は非常におすすめです。本記事では、両者の組み合わせによるエネルギー効率向上について解説します。持続可能なエネルギー供

続きを読む

  太陽光発電は本当にエコなのかと、疑問に思っている方もいるでしょう。そこで本記事では、太陽光発電に関する疑問に答えるべく、太陽光発電の実際のエコ性や課題について徹底的に解説。環境

続きを読む

昨今の電力不足や電力高騰に対応するために、太陽光パネルの導入を検討している家庭が多くなっています。しかし、太陽光パネルはどの住居にも設置できるものではありません。太陽光パネルが設置できない住

続きを読む

オール電化とは、自宅のエネルギーを電気ですべて補うシステムです。ガスを一切使わないので、ガス料金を節約できる点がメリットですが、日中の電気代が割高になることが懸念点でしょう。しかし、生活スタ

続きを読む

近年の電気代の高騰による費用増加は、多くの企業の収益を圧迫しています。原因はさまざまなものがありますが、原油や天然ガスの供給量が減少し、価格が高騰していることや円安が影響しているのです。そこ

続きを読む

太陽光発電設備を導入すると、日常生活において家庭で消費する電力を得られるだけでなく、売電によって収入を得ることが可能です。太陽光発電によって得られる売電収入はどれくらいなのでしょうか。 今回

続きを読む

太陽光発電は、省エネルギーと環境保護の両面で多くのメリットを提供します。しかし、その一方でデメリットも存在するのも事実です。この記事では、太陽光発電の導入による収益増加や環境への貢献といった

続きを読む