株式会社ヤマザキ

株式会社ヤマザキの画像
太陽光発電・蓄電池の状況をヤマザキ太陽光発電プラザで実体験できる

豊富な経験
業者としての豊富な経験

現地調査
多方面から丁寧に調査

30年以上の老舗
老舗ならではの対応力

適切な提案
希望に応じた適切な提案

株式会社ヤマザキは30年以上の歴史を持つ長野県内の会社で、太陽光発電事業以外にも塗装業やリフォーム事業を行っています。太陽光発電事業は2001に年スタートしたため、20年の経歴があります。2005年には太陽光発電プラザショールームをオープンし、太陽光発電の魅力を多くの人に伝えてきています。ヤマザキが提案する太陽光発電システムとは、どのようなものなのかを解説していきましょう。

株式会社ヤマザキが提案するエネルギーソリューション

ヤマザキの画像2

電気というエネルギーは太陽光発電による自家発電をベースに、使う時代から「つくる・貯める・賢く使う」時代へ変わってきています。信頼ある施工技術にて、地域の人々が安全で快適な暮らしを送ることができるよう、エネルギーソリューションの未来を創っていくことを株式会社ヤマザキは提案しています。

太陽光発電でエネルギーを創る

日照時間が多く確保しやすく、安定した気候である長野県東信地方は、発電には良好な地域となっています。太陽光発電システムは、高額で売電できる10年の期間が終了しても発電し続けてくれます。

つまりは、長期間使い続けることのできる発電システムということです。だからこそ、屋根材や諸条件に対応した、高い施工技術でヤマザキは対応しています。

蓄電池でエネルギーを蓄える

従来、作った電気は貯めることができませんでした。しかし現在では、太陽光発電でつくった電気は蓄電池で蓄えることができます。ヤマザキではシャープ製の蓄電池を使ったシステムをおすすめしています。蓄電池で電気を貯めておけば、電気代の削減につながります。

HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)で管理する

HEMSとは、Home Energy Management System(ホームエネルギーマネジメントシステム)の略で、ヘムスと呼ばれます。エネルギーを「見える化」して、家電や電気設備を最適に制御するためのシステムです。発電量を簡単に確認できる状態にしておくことで、生産と消費のバランスを意識しやすくなるでしょう。

HEMは家電機器を自動制御することが可能で、常に人が監視していなくても最もお得な電気の使い方をしてくれます。たとえば雨の日には、夜間に充電しておいた安い電気を優先的に使用します。また停電の恐れがあるときには、気象情報をもとに自動で充電をスタートします。

人の目で見て判断するよりも、さまざまな情報から最善の使い方を判断してくれるので安心です。ヤマザキではこのHEMSの導入をすすめています。HEMSがどのようなモノなのかは、ヤマザキ太陽光プラザで実際の様子を確認できます。

新しい家電で省エネする

ヤマザキでは普通の省エネでなく、蓄電池やHEMSと連携できる最新家電での省エネを提案しています。「DCハイブリッドエアコン」は蓄電池・HEMSと連携できて、蓄電池で蓄えた電気をそのまま室外機で使って、電力ロスを減らすことができます。

「エリア限定冷却冷蔵庫」は、通常の冷蔵庫では実現されていない、冷蔵エリアを限定して冷やすことができる冷蔵庫なのです。災害などの停電時に太陽光システム専用のコンセントを使えば、電気を節約して長期の停電に備えることができます。ヤマザキでは、このような最新家電を含めたトータルなエネルギーソリューションを提案しています。

株式会社ヤマザキでの太陽光発電システム設置の流れ

ヤマザキの画像3

ではここで、ヤマザキが太陽光発電システムを設置する際のステップを確認してみましょう。基本的な流れはどの企業でもほとんど変わりありませんが、現地調査の方法などは各企業で若干異なってきます。

■ステップ1:希望を聞いて提案する

どこにどのくらい設置したいのか、・どのメーカーのパネルを設置したいかなどの希望を聞きます。建物の図面や写真、電気代検針票を持っていくと、最適な提案をしてくれます。

■ステップ2:現地調査

設置希望の屋根の状態や、周辺の樹木による影の影響を確認します。必要な寸法測定を行い、現在の電気料金プラン・引き込み線の確認を行います。

■ステップ3:設計・見積もり

日陰や積雪量などさまざまな状況を考慮して、設置希望の屋根(または土地)へモジュールの配置とシステムの設計を行います。設計されたシステム容量から、方位や角度を考慮し発電量のシミュレーションを行い、同時に見積もりも行います。

■ステップ4:費用対効果のシミュレーション

見積もりに照らし合わせて、発電量のシミュレーションを行って対費用効果の説明を行います。

■ステップ5:契約

工事日程の確認、支払い方法を確定させたのちに契約となります。

■ステップ6~8:各種申し込み

電力会社への接続申込や契約、買い取り契約など必要な申請や契約などを行います。

■ステップ9:経済産業省へ申請

経済産業省に対して、事業計画認定を申請します。戸籍謄本や住民票、印鑑証明など各種資料が必要となりますが、ヤマザキが指定する書類を揃えるだけで大丈夫です。

■ステップ10:認定取得

売電価格の決定や運転開始(連携開始)期限を決定します。

■ステップ11~13:設置工事・電気工事

太陽光発電システムの、設置工事と電気工事を行います。工事後は竣工検査を行い、異常がないか確認します。問題がなければ、メーカー保証が開始されます。

■ステップ14:経済産業省へ報告

運転開始1ヶ月後に設置費用の報告と毎年1回の運転費用を、経済産業省へ報告する必要がありますが、ヤマザキがしっかりサポートしてくれます。

まずは電話してヤマザキ太陽光発電プラザに行ってみよう

株式会社ヤマザキは、太陽光発電に携わって20年の歴史を持つ会社です。ヤマザキの提案は太陽光発電システムを軸としたエネルギーソリューションとなっています。

それを実現させるためのアイデアは、シャープ製品を組み合わせたモノとなっているため、シャープ製品以外のソリューションを求める方にとっては、物足りないかも知れませんね。とはいっても、個別提案は行ってくれるはずなので、まずはホームページに記載されている、フリーダイアルに電話して「ヤマザキ太陽光発電プラザ」に行ってみましょう。

株式会社ヤマザキの基本情報

サポート力

豊富な経験から最適なシステムを提案!屋根のメンテナンスなど太陽光パネル以外の部分も見てくれる

無料シミュレーション・見積りの有無

不明(公式サイトに記載がないため)

施工期間

不明(公式サイトに記載がないため)

補助金

不明(公式サイトに記載がないため)

住所

住所:長野県上田市国分1489-1
TEL:0268-25-2572

会社名

株式会社ヤマザキ

設立年月日

1982年5月

資本金

記載なし

事業内容

太陽光発電事業部
太陽光発電システム・蓄電池システム 販売施工
塗料事業部
電着塗料設備・流動浸漬設備・粉体塗装設備 施工
電着塗料・流動浸漬塗料・粉体塗料 販売
省エネリフォーム工事

ヤマザキの公式サイトを見てみる 【長野県】おすすめの太陽光発電業者一覧はこちら
SEARCH

READ MORE

株式会社エーテック 住所:〒399-8303 長野県安曇野市穂高8292番地1 TEL:0263-50-7273 定休日:不明 エーテックは、長野県を拠点として電気設備工事や太陽光発電、蓄電

続きを読む

株式会社グッドライフ 住所:〒394-0083 長野県岡谷市長地柴宮 2-12-6 TEL:0120-786-018 定休日:不明 グッドライフは、長野県を拠点とし、産業用(事業用)太陽光発

続きを読む

共同電気工業株式会社 住所:〒390-0851 長野県松本市島内3648-9 TEL:0263-50-5415 定休日:不明 共同電気工業は、長野県を本社に持つ電気設備工事や太陽光発電、オー

続きを読む

ベルエステート株式会社 住所:〒532-0011 大阪市淀川区西中島3-12-15 TEL:06-6100-5200 定休日:不明 ベルエステートは、デベロッパー事業やリノベーション事業、コ

続きを読む

有限会社 唐木電設 住所:〒399-4511 長野県上伊那郡南箕輪村5906-2 TEL:0265-78-1485 定休日:電話は365日対応 唐木電設は、長野県で「電気設備工事」の全般を行

続きを読む

太陽光発電システムの設置を考えたものの、設置のタイミングが分からないというお悩みを持つ方がたくさんいます。そこで、今回は、太陽光発電システムを設置のタイミングについて解説します。この記事を読

続きを読む

長野県では太陽光発電システムの導入を推奨し、独自の取り組みもおこなっています。この記事を読めば、システム導入における長野県独自の取り組みや、市町村と連携してマニュアルを作成した件などがわかり

続きを読む

今回は、軽井沢町で太陽光発電を導入するには?利用できる補助金はあるのか、について解説します。この記事を読めば、設置にかかる費用や太陽光発電システム設置費用の内訳・補助金について以上のことが分

続きを読む

太陽光発電は自然エネルギーを利用して発電できる画期的なシステムであり、ビルや大型施設はもちろん、個人宅でも採用されています。しかし、太陽光発電の訪問販売によるトラブルが問題視されているのも事

続きを読む

太陽光発電は自然エネルギーを利用して発電できるため、環境に優しく経済的なパフォーマンスにも優れているので国内外問わず注目を集めています。しかし、導入コストが高いというイメージを持っている人も

続きを読む