リフォーム中の仮住まいを探す際にチェックするべきポイントとは?

公開日:2023/07/15   最終更新日:2024/02/16

自宅の大規模リフォームで、一時的に仮住まいの利用を検討している方もいるでしょう。しかし仮住まいをどのように探せばいいのか分からない、という方も多いのではないでしょうか。できれば希望の仮住まいを効率的に探し出したいですよね。この記事では、リフォーム中の仮住まいを探す方法とチェックするべきポイントを詳しく紹介しています。

リフォーム中の仮住まいの必要性

仮住まいとは、一時的に居住する仮の家のことです。自宅の建て替えや大規模なリフォームなどの工事期間中に必要になる場合があります。

工期やリフォームの規模によって仮住まいが必要かそうでないかを判断しますが、コスト削減のためには住みながらリフォームを進めたいところです

しかし自宅を空き家状態にした方が、業者は工事を効率的に進められるメリットがあります。仮住まいが必要かそうでないかを判断するポイントを3つ紹介します。

大規模なリフォーム

規模が小さいリフォームであれば、数日の工期で住みながらリフォームが可能なので、仮住まいを用意する必要はありません。

しかし大規模なリフォームは工期が長いため、仮住まいが必要になるケースがあります。

住みながらのリフォームは、工事の音や振動でストレスが溜まったり、小さな子どもや高齢者がいる家庭は危険だったりします。リフォーム中に安心して生活できないようであれば、仮住まいの検討が必要です

2週間以上の工期

工期が2週間以上かかる場合は、仮住まいを検討するのがよいでしょう。リフォーム作業中は、普段通りの生活が難しくなります。また作業の音や振動の中で生活を続けると、徐々にストレスが溜まる可能性もあります。

水回り設備の利用ができない

トイレやキッチン、お風呂などの水回りのリフォームでは、リフォームが完了するまで設備が使用できないケースもあります。

仮住まいを探す方法

仮住まいを探す方法は、インターネット、地域の不動産屋、仮住まい専門の不動産屋の3つです。それぞれ詳しく紹介します。

インターネットで探す

スマホで検索して手軽に探すことができますが、掲載されている物件はほとんどが2年以上を想定した物件のため、数か月~半年程度の一時的な仮住まいは、断られる可能性が高くなります

短期的な物件なら、ウィークリーマンションやマンスリーマンションもおすすめです。しかしこのような短期滞在向けマンションは、出張や単身赴任などのビジネスシーンで活用されることが多いため、ほとんどが単身者向けです。ファミリーに対応可能な物件は少ないでしょう。

不動産屋で探す

地域密着型の不動産に相談する方法もあります。この場合もインターネットで探す方法と同様、一時的な利用では断られてしまうケースが多くあります。

仮住まい専門の不動産屋で探す

仮住まい専門の不動産屋では、ニーズに合った仮住まい物件が豊富に取り揃えられています。また、通常の賃貸物件を仮住まいとして利用できるように交渉してくれるケースもあります

リフォーム中の仮住まいを探す際にチェックするべきポイント

仮住まいを探す際には、居住期間や家族構成に合った間取りや広さなどをチェックする必要があります。ここでは仮住まい探しの際にチェックするべきポイントを4つ紹介します。

期間

仮住まいの契約は、事前に期間を定める必要があります。リフォームの規模によっては工事期間が前後しますが、リフォームする箇所ごとの目安があります。契約の際には、工期が延びることも想定して、余裕を持った期間を設定することが大切です

・トイレ・浴室:1日~2週間程度
・キッチン:3日~3週間程度
・外壁・屋根:10日~1か月程度
・外構:1日~3か月程度
・フルリフォーム:1~3か月程度

費用

事前に仮住まいにかかる費用を把握しましょう。短期間で多額の出費になるので注意が必要です。家賃の他にも物件によっては、敷金・礼金の諸費用や管理費などもかかります

2回分の引っ越し費用や初期費用も含めたトータルで考えましょう。

広さや部屋数

家族構成に合った広さや部屋数、間取りの物件を探しましょう。一時的だからといって、費用を抑えるために狭すぎたり、部屋数が少なかったりすると過ごしにくくなります。

環境が大きく変わるとストレスの原因になり、体調を崩すこともあります。家族が生活しやすいように、必要な広さや部屋数を確保することが大切です。

早めに仮住まいを探す

入居する1か月半~1か月前ぐらいには仮住まいの物件を絞り込んでおくと安心です。

【長野県】おすすめの太陽光発電業者一覧のバナー

まとめ

この記事では、リフォーム中の仮住まいを探す際にチェックするべきポイントをお伝えしました。リフォームの規模や工期によって、仮住まいが必要かを判断する必要があります。仮住まいを探す方法は、インターネットで探す、地域の不動産屋で探す、仮住まい専門の不動産屋で探す3つの方法がありました。その中でも仮住まい専門の不動産屋では、様々なニーズ応えられる豊富な物件が取り揃えられています。また仮住まいを探す際には、居住期間や費用面、広さや部屋数の確認が大切です。東大阪市で自宅のリフォーム中に仮住まいの利用を検討している方は、紹介したチェックポイントを参考にして希望の物件を探してみてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

ジャパンスマイルエナジー株式会社は長野県上田市に支店を置く、太陽光発電システムだけでなく外壁塗装も得意とする会社です。大手企業である中部電力や株式会社トーエネック2社と業務提携も行っているの

続きを読む

昨今の電力不足や電力高騰に対応するために、太陽光パネルの導入を検討している家庭が多くなっています。しかし、太陽光パネルはどの住居にも設置できるものではありません。太陽光パネルが設置できない住

続きを読む

オール電化とは、自宅のエネルギーを電気ですべて補うシステムです。ガスを一切使わないので、ガス料金を節約できる点がメリットですが、日中の電気代が割高になることが懸念点でしょう。しかし、生活スタ

続きを読む

近年の電気代の高騰による費用増加は、多くの企業の収益を圧迫しています。原因はさまざまなものがありますが、原油や天然ガスの供給量が減少し、価格が高騰していることや円安が影響しているのです。そこ

続きを読む

太陽光発電設備を導入すると、日常生活において家庭で消費する電力を得られるだけでなく、売電によって収入を得ることが可能です。太陽光発電によって得られる売電収入はどれくらいなのでしょうか。 今回

続きを読む

太陽光発電は、省エネルギーと環境保護の両面で多くのメリットを提供します。しかし、その一方でデメリットも存在するのも事実です。この記事では、太陽光発電の導入による収益増加や環境への貢献といった

続きを読む

太陽光発電は、エネルギーの未来に向けた希望の光ですが、その発電量はどれくらいなのでしょうか?この記事では、太陽光発電の基本から、できるだけわかりやすく解説します。さらに、効率的な発電方法や、

続きを読む

雪が多く降る地域で暮らしている人にとって、太陽光発電は雪が降る季節にどのような影響を及ぼすのか気になる人が多いでしょう。雪による影響は少なからず受けることになるので、前もって準備を整えておく

続きを読む

本記事は、これから太陽光発電を導入しようと考えている人におすすめです。パネルを設置する屋根の形状、角度、方角により発電効率が変化します。素人では詳しいことが分からないので、パネルを設置する前

続きを読む

自宅の大規模リフォームで、一時的に仮住まいの利用を検討している方もいるでしょう。しかし仮住まいをどのように探せばいいのか分からない、という方も多いのではないでしょうか。できれば希望の仮住まい

続きを読む