太陽光発電を設置するメリット・デメリットについて解説!

公開日:2021/11/01   最終更新日:2021/10/28

「太陽光発電を導入すると電気代が安くなるのは本当?」「太陽光発電にデメリットは無いの?」このような疑問をお持ちの方も多いでしょう。そこでこの記事では、太陽光発電のメリット・デメリットについて解説します。太陽光発電の導入には大きな費用がかかりますから、メリット・デメリット両方を考慮したうえで選択することが大切です。

そもそも太陽光発電とは?

太陽光発電とは、太陽光で発電を行う「ソーラーパネル」を用いた発電方法です。

ソーラーパネルは、n型半導体とp型半導体が動線で繋がって張り合わされています。少し複雑な話になりますが、光が半導体に当たると、マイナスの電気である電子がn型半導体に、プラスの電荷である正孔がp型半導体に発生し、電子が正孔を埋めようと動きます。

そしてn型半導体とp型半導体の間に空乏層という層が発生して電界が生じ、半導体に光を当てると、n型半導体にはマイナスの電子が、p型半導体にはプラスの正孔が大量に集まっていき、電位差が発生するのです。そのおかげで、n型半導体とp型半導体を動線で結ぶと電子が導線を渡って正孔とくっ付こうと動くため、電気が発生します。

以上が太陽光発電の仕組みです。簡単にまとめると、2枚の半導体によって電位差を作り、導線を使って電子を動かして電気を発生させる方法といえます。

太陽光発電を設置するメリット

再生可能エネルギーであるから永続的

太陽光発電はその名の通り、太陽光を利用して発電するため太陽が無くならない限り永続的に発電できます。

電気代が削減できる

太陽光発電を導入することで、今まで電気会社から買っていた電気を自宅で賄えるため電気代を安く抑えられます。また蓄電池を設置して電気プランをオール電化に切り替えれば、日中の電気代を安くできるかもしれません。

発電方法が環境にやさしい

日本の主な発電方法は火力発電ですが、火力発電はCO2を大量に排出します。CO2が多量に出ると地球温暖化を促進することになり地球に悪影響を及ぼします。

一方で太陽光発電は太陽の発する光を電気に変えるだけなのでCO2を排出しません。環境に優しい発電であるため設置時には国からの助成金を受けられることもあります。

しかし近年では「太陽光発電を製作する過程でCO2を排出している」という意見もあるようです。火力発電に比べれば量は少ないものの、CO2が発生することについては無視できないため、自分自身でメリット・デメリットを判断する必要がありそうです。

発電していればいつでも電気が利用できる

太陽光発電があれば、停電になったときや災害で電気が使えないとき、自立運転機能を使えば電気を使用できます。実際201896日に北海道で起こった大停電の際には、太陽光発電を導入している家庭の内、約9割の家庭が自立運転機能を使ったというアンケート結果もあるほどです。

また自立運転機能があれば隣人に電気を分けてあげることができたり、冷蔵庫で冷やしていた物を腐らせなくて済んだりするなどメリットが多くあります。

電気で収入が得られる

太陽光発電を導入すると溜まった電気を電気会社に売ることができるため、収入を得られます。また「使わない電気を増やし、お金に変えよう」という意識改革が起こるようで、太陽光発電を導入した家庭は1割ほど電気の使用量が減るといわれています。

太陽光発電を設置するデメリット

設置費用が高い

太陽光発電を導入してからは、そこまで費用はかかりません。しかし導入するにあたって必要な設置費用は高額です。太陽光発電は単純に枚数で決めるのでは無く、「1枚でどの程度発電できるのか」を考慮する必要があります。そのため、こっちのパネルの方が安いからといって購入するものを決めるのは避けた方がよいでしょう。

電源が断続的になってしま

太陽光発電のエネルギー源は太陽光です。太陽は常に顔を出しているわけでは無く、雲や天候で左右されますよね。そのため1日雨が降っている日や夜間には蓄電池などを設置して対応する必要があります。

設置の仕方によって発電方法が変わる

一般的な家庭で、充分な発電量を得るには20枚以上のパネルが必要になります。そのため屋根が小さい住宅や、設置場所が限られている住宅は設置事態がマイナスになることもあります。また日射角度や向きなどが適してない住宅も発電量が悪く、設置に向いていないかもしれません。

ランニングコストがかかる

太陽光発電には導入費用以外に、メンテナンス代や修理費であるランニングコストがかかります。しかし一般的にソーラーパネルは長持ちするように作られているため、そこまで心配する必要はありません。

 

今回は太陽光発電を導入するメリット・デメリットについて紹介しました。太陽光発電を導入してしまえば、電気代が安くなったり、災害時に電気が使用できたりするのでメリットが多いです。しかし導入するまでの費用やCO2の問題も無視できません。

自分自身でメリット・デメリットをしっかり考慮し、太陽光発電を導入するかどうか決めてくださいね。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

自宅や所有している事務所などの屋根を有効活用するため、太陽光発電パネルの設置を検討している方も多いのではないでしょうか。さまざまな業者で太陽光発電パネルを取り扱っているので、業者選びに迷うこ

続きを読む

株式会社エーテック 住所:〒399-8303 長野県安曇野市穂高8292番地1 TEL:0263-50-7273 定休日:不明 エーテックは、長野県を拠点として電気設備工事や太陽光発電、蓄電

続きを読む

株式会社グッドライフ 住所:〒394-0083 長野県岡谷市長地柴宮 2-12-6 TEL:0120-786-018 定休日:不明 グッドライフは、長野県を拠点とし、産業用(事業用)太陽光発

続きを読む

共同電気工業株式会社 住所:〒390-0851 長野県松本市島内3648-9 TEL:0263-50-5415 定休日:不明 共同電気工業は、長野県を本社に持つ電気設備工事や太陽光発電、オー

続きを読む

ベルエステート株式会社 住所:〒532-0011 大阪市淀川区西中島3-12-15 TEL:06-6100-5200 定休日:不明 ベルエステートは、デベロッパー事業やリノベーション事業、コ

続きを読む

有限会社 唐木電設 住所:〒399-4511 長野県上伊那郡南箕輪村5906-2 TEL:0265-78-1485 定休日:電話は365日対応 唐木電設は、長野県で「電気設備工事」の全般を行

続きを読む

太陽光発電システムの設置を考えたものの、設置のタイミングが分からないというお悩みを持つ方がたくさんいます。そこで、今回は、太陽光発電システムを設置のタイミングについて解説します。この記事を読

続きを読む

長野県では太陽光発電システムの導入を推奨し、独自の取り組みもおこなっています。この記事を読めば、システム導入における長野県独自の取り組みや、市町村と連携してマニュアルを作成した件などがわかり

続きを読む

今回は、軽井沢町で太陽光発電を導入するには?利用できる補助金はあるのか、について解説します。この記事を読めば、設置にかかる費用や太陽光発電システム設置費用の内訳・補助金について以上のことが分

続きを読む

太陽光発電は自然エネルギーを利用して発電できる画期的なシステムであり、ビルや大型施設はもちろん、個人宅でも採用されています。しかし、太陽光発電の訪問販売によるトラブルが問題視されているのも事

続きを読む
エリア別おすすめ太陽光発電業者